楽天のR-Cabinet・GOLDのファイル管理には無料で使える「Ribrary」

公開日: 

楽天のR-Cabinet・GOLDのファイル管理には無料で使える「Ribrary」
楽天の運営に欠かせないのが、R-Cabinet、楽天GOLDなどの専用のストレージを使ってのファイル管理がありますが、R-Cabinetは使い勝手が良いとは言えませんし、楽天GOLDでのファイル管理もFTPソフト等を使う必要があります。RMSにログインしてR-Cabinetのファイルを確認して、FTPソフトで楽天GOLDの接続してファイルをアップロードしてと画面をいったりきたりするのも結構面倒ですよね。

本日は、楽天市場でのファイル管理「R-Cabinet」「楽天GOLD」のファイル管理を1つの画面から可能なソフトを紹介したいと思います。無料で直感的な操作が可能なので初心者の方にもおすすめです。

スポンサードリンク

楽天のファイル管理には無料で使える「Ribrary」を使ってみよう

ファイル管理「Ribrary]
楽天GOLD、R-Cabinetのファイル管理が1つのソフトから出来る「Ribrary」というソフトをご存知でしょうか?

先日紹介した「SketchPage for 楽天」


楽天に出店しているなら、ぜひ使ってみるのをおすすめするページ制作、画像制作など多岐にわたって利用できる制作ツールでした。

本日紹介する「Ribrary」も楽天に出店したばかりでR-Cabinet?楽天GOLD?って何ですか?という初心者にもやさしい無料で使えるファイル管理ツールです。

ダウンロード・インストール設定について

SketchPageを使いはじめる時に楽天RMSから利用申請をしましたが、「Ribrary」も同じようにRMSからの利用申請をする必要があります。

RMSにログインして

7.拡張サービス一覧 → 「RMS Service Square 申込」
RMSからの利用申請

RMS Service Squareのページに移動します。
ファイル管理「Ribrary]

制作ツールのカテゴリをクリックして進みます。
ファイル管理「Ribrary]

提供されている制作ツールが表示されます。
ファイル管理「Ribrary]
制作ツールの中から「Ribrary」をクリックします。「Ribrary」の詳細ページに移動するので、そこから利用申請の申込が可能です。

利用申請して暫くするとソフトのダウンロードURLのメールが届きます。
ダウンロードURLより「Ribrary」をダウンロードしてインストールします。

Ribraryの画面・使い勝手について

ファイル管理「Ribrary]
インストールが完了して起動すると、店舗URLと楽天GOLDのパスワードの入力を求められます。入力してソフトを起動するとメインの画面が表示されます。

ファイル管理「Ribrary」の画面構成
ひとつのソフトで一元管理ができるのが一番の特徴かもしれません。他にも画像ファイルなどのサムネイル表示にも対応しておりどんなファイルなのか確認しやすい作りになっています。また、複数店舗の設定も可能で接続先の店舗を切り替えることもできます。複数店舗に出店している場合も便利かもしれません。

「Ribrary」リスト表示

ファイル表示もリスト表示、サムネイル表示と切り替えができたり、並び順の指定も可能です。1点残念な点としてはファイル名などでの検索ができないところでしょうか。大量のファイルを使うのであればファイル検索はほしいところです。ただ、ファイル数が少なく、フォルダ分けがしっかりしていればサムネイル表示があれば問題ないかもしれません。

「Ribrary」サムネイル表示
サムネイル表示に対応しているので一目で画像ファイルの中身を判断することができます。ファイルのアップロードはパソコン上のファイルをドラッグ&ドロップすることでアップロードが可能です。また、ダウンロードについても、Ribrary上でファイルを選択してダウンロードすることも簡単で複数ファイルをダウンロードすることも可能です。

ファイルの並び順の設定
「Ribrary」ソートの指定

商品を大量に一括更新している場合は、商品CSVデータのアップロード作業などありますが、「Ribrary」から「楽天の商品一括登録CSV」ファイルのアップロードもRibraryから可能です。 ※利用するには RMS商品一括登録サービス(10,000円)の申込が必要です。

まとめてみると

楽天でのファイル管理(RCabinet、楽天GOLD、商品一括CSV)に特化したソフト

楽天GOLD・R-Cabinetへのファイル操作について
※楽天GOLDの利用申請していない場合は申請が必要です。
※R-Cabinetのファイル操作をするには最初にRMSでのAPIキーを取得して設定する必要があります。(ヘルプ参照)

・サムネイル表示ができて確認しやすい
・ドラッグ&ドロップでまとめてアップロード可能
・ダウンロードも複数ファイルをチェック入れることで可能

残念な点・・・ファイル名、フォルダ名での検索機能がない

地味だけどあると便利かも

ファイルを管理することに特化したソフトなのでファイル確認、アップロード、ダウンロードする機能しかありません「SketchPage for 楽天市場」ほど、おー、すごいってのはないかもしれません。ただ、ファイル管理に慣れてない初心者、RMSへのログイン、画面を行ったり来たりするのが面倒という方にとっては地味に便利なソフトではないでしょうか。






Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

PAGE TOP ↑