ネットショップ・ECサイトの集客に使える広告いろいろまとめ


ネットショップへの集客方法として色々な方法があります。ショップ用のブログやSNSを開設して情報発信したり、メルマガを配信するなど無料で出来るような試みはすでに行っているのではないでしょうか。無料で出来る範囲で色々と行った上で次に試してみるのが、広告を使っての集客です。モールへ出店している場合は、定期的に広告出しませんか?の営業連絡が絶えないですよね・・・。

スポンサードリンク

集客に使えるネット広告の種類は豊富

広告といってもいろいろな種類があります。モールに出店しているのであればモール内に広告が掲載されるというのはイメージがつきやすいのではないでしょうか。GoogleやYahooといった大手検索サイトに広告を配信することも出来ます。ブログやサイトを運営している人にショップの商品を紹介してもらい、売れたら成果報酬を支払う仕組みのアフィリエイト広告やFacebook、twitterといったSNS内に広告を配信することも出来ます。どんな広告の種類があるのか、一部まとめてみましたので広告を検討する際の参考にしてみてください。

リスティング広告(検索連動型)

個人でも広告を簡単に出稿できるツールとしてはGoogleのアドワーズ広告、Yahoo!のプロモーション広告内のリスティング広告があげられるでしょう。GoogleやYahooでの検索結果の画面に表示される広告のことです。表示されるだけでは広告費用は発生しませんが、表示された広告がクリックされるごとに課金されるので予算上限も決められますので計画的な広告出稿が可能です。

キーワードやターゲットの選定が初めての場合は難しいかもしれませんが、予算なども設定出来るのでトライアンドエラーで実際の数字を元に繰り返して改善していくしかありません。改善して最適化が出来れば非常に有効な集客方法になるでしょう。そのため、時間と費用はある程度必要になると思われます。

Google adwords


Google AdWords(アドワーズ)PPC型のインターネット広告
Googleアドワーズは、Googleが運営する「検索連動型広告」です。Googleの検索結果ページに広告をすることが出来ます。集客したいキーワードを決めて、キーワードごとに広告を表示するための入札単価を設定します。競合が多いキーワードだと表示されるための単価は高くなってしまい、まったく表示されないこともあります。ショップへの集客に関連する複合キーワードで設定するのが良いでしょう。


Yahooプロモーション広告


Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)
Yahoo!プロモーション広告の1つが検索連動型広告「スポンサードサーチ」です。Yahooの検索結果の画面に広告が表示されます。集客したいキーワードを決めて、単価を設定するという流れはGoodleアドワーズと同じです。こちらもキーワードの選択、単価設定など繰り返しながら最適化していくしかありません。

参考
Yahooプロモーション広告(公式ラーニングポータル)


クロスリスティング


クロスリスティング:TOP | リスティング広告・ディレクトリ登録
リスティング広告「レモーラリスティング(REMORA Listing)」は、クロスリスティングが提供するリスティング広告(PPC広告・検索連動型広告)です。8割のお客様が他社リスティング広告との併用での利用が多い。goo、OCN、BIGLOBE、Excite、@niftyなどに広告が掲載される。

アフィリエイト広告(成果報酬型)

アフィリエイト広告とは、サイトやブログ、スマホアプリに広告を掲載してもらい、その広告経由で売上などが発生した場合に成果報酬を支払う仕組みです。アフィリエイト広告に出稿するにはアフィリエイトASPに広告主として登録する必要があり、設定した成果報酬はアフィリエイトASP経由でアフィリエイターに支払われます。アフィリエイトASPにも色々な種類があり、登録されている提携サイト、メディア(アフィリエイター)、アプリも様々です。

アフィリエイト広告に必要な費用は、ASPによって異なりますが、初期費用が数万円、月額利用料が数万円程度から必要です。さらに設定した成果報酬金額の20〜30%程度がコミッションとして必要です。さきほどの、クリック型の広告の場合は、クリックされてショップに来て購入されない場合も広告費が発生してしまいますが、成果報酬のは商品が売れた場合にのみ、報酬を支払う仕組みのため費用対効果は非常に高いのではないでしょうか。

また、アフィリエイトASPに広告主ではなく、アフィリエイター、サイト運営者として登録することでどんな広告が出稿されているか、どのような成果報酬が設定されているか確認することが出来ます。また、ライバルのショップや目標にしているショップが広告出稿しているのを見つけることも出来るかもしれません。複数のアフィリエイトASPに登録してみるとあの有名ショップは複数のASPに登録して集客に活用しているのがわかったり、今月は成果報酬アップキャンペーンを実施するんだとかわかって面白いですよ。

参考 アフィリエイトとは


A8.net


広告主、アフィリエイターの登録数が一番多いであろうA8.netは、アフィリエイト広告を出すならチェックするべきASPだと思います。

また、アフィリエイターとして登録してみるのも他ショップの出稿、成果額などチェックするのに良いかもしれません。無料会員登録はこちら



A8.netだけでも広告掲載先がスマホ、PCと対応していますが、A8.netが運営するモバイル、スマホ、スマホアプリに特化したアフィリエイトASPのMoba8.net 広告主募集に登録してみるのも良いかもしれません。同じくMoba8.netにアフィリエイターとして登録してみるのも1つですね。


Valuecommerce(バリューコマース)


バリューコマースはアフィリエイトASPの1つでYahooの関連会社です。そのため、ヤフオク、ヤフーショッピングといったYahooに関連するアフィエイト広告が充実しています。もちろん、様々な広告主が登録しておりA8.netと同じくアフィリエイトASPの大手の1つです。

他にもアフィリエイトASPは多数あります。一部を記載しておきます。
アフィリエイトB – Affiliate-B
アフィリエイトのJANet(ジャネット)
アクセストレード
レントラックス
電脳卸 →月額固定費安い

SNS(ソーシャルメディア)での広告について

最近ではSNSでの広告配信も種類が豊富になってきています。SNSによっても利用層が違いますし、SNS広告でのメリットはターゲットを絞れることではないでしょうか。ショップへの集客のターゲット層を明確にすることで購買意欲の高い集客が可能になります。

Facebook広告


Facebook広告 | Facebook for Business
Facebook広告の特徴としては、登録ユーザーのプロフィール情報などを元に広告配信先を細かく設定出来るところです。ターゲットの年齢層、性別、趣味などショップで扱っている商材とマッチしたターゲット層に対して広告を配信することで、購入してくれる可能性の高い集客が可能になります。クリック単価方式とインプレッション(表示回数)方式のいずれかの単価設定で配信が可能で、1日の予算などの細かく設定出来ます。

参考
【2015年版】今さら聞けないFacebook広告 基礎編!-前編-| Webディレクターマガジン


Twitter広告


Twitter広告 – Yahoo!マーケティングソリューション
twitter広告はYahooプロモーション広告内から出稿することが出来ます。Twitterのタイムラインや検索結果、おすすめユーザー欄に広告が掲載されます。広告費用は表示されたツイート広告がクリックされた場合にのみ費用が発生するクリック課金方式です。ツイート広告の表示そのものには料金が発生しないため、ムダな費用がかかりません。

参考
“スマホしか使わない”若者へのプロモーションをTwitter広告で成功させた事例――情報サイトもECも | Yahoo!マーケティングソリューション | Web担当者Forum
Twitter広告 とは | Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル


LINE広告


LINE株式会社 | 広告出稿
今ではスマホを持っている人がほぼ入れてるアプリといえばLineです。上記サイトより広告出稿に関する資料が公開されています。Line関連の様々なコンテンツに広告配信をすることが出来ます。また、広告とは少し違いますが、無料で使えるLINEの集客ツール「LINE@」などのサービスもあります。


instagram広告


instagram(インスタグラム)とは写真・動画の共有SNSサービスで世界的にも注目を集めています。どちらかというと若年層の利用者が多いイメージでしょうか。その日のファッションや訪れた場所の写真を投稿したり、好きなモデルをフォローしたりと、「おしゃれ」なイメージから20代を中心に圧倒的な人気を誇っています。コンテンツの中心が写真を中心としたサービスなので、ビジュアル的に広告などもイメージを伝えやすいというメリットがあります。10/1からfacebookから広告出稿が可能になるようです。

参考
【CPC大公開!】Instagram(インスタグラム)広告、Facebookから出稿してみた。 – EC-GROWTH-LAB | ECグロースラボ
【まとめ】Instagram(インスタグラム)広告のポイント
日本にInstagram広告進出!よし、この機会にインスタ広告についてまとめて整理しておこう。 | フィードフォース全力ブログ

リターゲティング広告

リターゲティング広告
リターゲティング広告配信サービス

ネットショップで使える広告としていろいろと紹介してきましたが、せっかく広告費を使って集客したのに多くの顧客が購入せずに離脱してしまっているのが現実です。リターゲティングとは、1度はサイトに訪れ離脱した見込み顧客に対して 閲覧した商品やサービス情報を元にその人に合った商品画像や詳細を載せたバナーを表示したり、再訪問・購入を促すことができる広告手法です。離脱した見込み顧客の再訪問を促したい、広告費の無駄打ちを削減したい、新たな集客手法に挑戦したいと考えている場合は試してみる価値はあるかもしれません。また、ショップサーブ、FutureShop2などと連携機能もあります。


マーケティング資料


マーケティング・集客に役立つ資料の無料ダウンロードポータル
『資料JP』は、企業の担当者を悩ませる”情報収集”にかかる時間を短縮する為の ポータルサイトです。マーケティング・広告媒体カテゴリに特化し、 既に200社300種類以上の資料を公開されています。 今後、マーケティングカテゴリに留まらず、人材・経営・広報と、順次資料掲載カテゴリを順次増加予定です。

お店(実店舗)の集客に使えるポータルサイト・Webサービス・アプリなど

実店舗を運営しながらネットショップに出店しているというケースも多いのではないでしょうか。ここではネットショップへの集客についてまとめていますが、実店舗の集客に活用できるポータルサイト・Webサービス・アプリなどについてまとめてみました。お店・実店舗といっても飲食系、アパレル系、美容系など様々な業種がありますが、それぞれに向いたサービスを選んで集客に活用してみてください。

お店(実店舗)の集客に活用できる登録サイト・webサービスまとめてみた
お店の情報を登録して紹介・集客に活用できるサイト・Webサービスについてまとめてみました。 実店舗も運営しつつネットショップに...

その他のネットショップ運営のまとめ情報

ネットショップ運営に使える仕入・卸サイト一覧
ECサイト・ネットショップで使えるjQueryデモをまとめてみた
ECサイト・ネットショップで使えるCSS・JavaScriptのデモをまとめてみた
ECサイト・ネットショップで使えるwebサービス・ツールをまとめてみた

スポンサードリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

PAGE TOP ↑