facebook広告を使ってブログのfacebookページのいいねを増やす広告を試してみた。予算:5000円

公開日:  最終更新日:2014/10/13

facebook広告を使ってブログのfacebookページのいいねを増やす広告を試してみた。予算:5000円
Facebookページは活用していますか?
ネットショップのFacebookページを作って情報発信などに活用しているショップもよく見かけますよね。

136-17.png
そんなFacebookページの管理画面で、「ページを宣伝する」「広告を出す」というボタンを見かけたことがあるかと思います。前から気にはなっていたのですが、この度、試す機会があったので広告を出すまでの流れなど紹介します。

スポンサードリンク

ブログのFacebookページの「いいね」を増やす広告を試してみた

136-12.png
前から気になっていたFacebook広告を利用してみました。
FaceBookページの利用状況については、ブログの記事更新情報を自動的に流しているのと、時々、過去の記事について流している程度、独自の投稿などは全く行っていない状態です。

2013/10にブログにLikeBoxを設置して、そこから上記の状態を続けていました。
いいね数は徐々に増えてはいってましたが、それでも広告開始時のいいね数は「42」
2014/3/19 から
トータル予算 5000円、 1日の上限 300円
いいね数 スタート時 42 → 効果は?!

Facebook広告を出すまでの流れ

Facebookページ右上にある「ファンを増やす」から広告マネージャーを選択します。
136-13.png
広告マネージャーの画面に移動したら、左側のメニューから広告を作成をクリックします。
136-11.png
広告の種類一覧が表示されます。目的のものを選択して進む形になりますが、今回はFacebookページの「いいね」を増やすのが目的だったので「ページのいいね」を選択しました。
136-3.png
いいねを増やしたいFacebookページが選択されているのを確認して「次へ」
136-4.png
まずは広告に表示したい画像を選択します。
136-5.png
次に見出し部分や説明部分をテキストを設定します。
136-6.png
この部分の右側に選択した画像やテキストでの広告プレビューが表示されます。
デスクトップニュースフィード、モバイルニュースフィード、右側スペースと広告が表示される場所に応じた表示内容の確認をすることができます。


こんな感じの広告になりました。
136-1.png
136-2.png


表示する広告の内容が出来たら、次はオーディエンスの設定です。
オーディエンスの設定とは広告を表示するユーザーを絞り込むことが出来る機能になります。
136-7.png
住んでいる国、都道府県、市区村、郵便番号など細かく絞り込むことが出来るようになっています。また、年代、性別などでの絞込もできます。
条件を設定すると、推定リーチ: ○○○○○○人
といった感じで広告を表示するユーザー数を把握することが出来るようになっています。

いろいろな条件を設定して推定リーチ数をチェックしてみるだけでも、Facebookユーザーの登録状況を把握出来るのは面白いですね。
他にも趣味、関心などでカテゴリ設定のような絞り込みも出来るようになっています。
136-8.png
上のイメージでは載せてませんが、子供がいる人 という選択が出来たり、さらに細かく0歳~3歳、4歳~12歳の子供がいる人 といった指定も出来るようです。子供服などを販売しているショップなどはこういったターゲット指定は効果的に活用出来そうな気がします。

ターゲットの絞込が終わったら、1日あたりの予算を設定します。
136-9.png
1日の予算の上限を「300円」に設定
今回は指定しませんでしたが、掲載期間なども指定することが可能です。


次に入札と価格設定
136-10.png
今回はページへのいいね!が増えるように最適化を選択しました。
(入札単価などは自動でおまかせ状態)
クリックごとの入札単価、インプレッション(広告表示数)に応じた入札単価といった感じで他の2つなら設定出来たのですが、細かく価格等を調整しながら様子を見れば良かったんでしょうが面倒だったので自動で最適化してくれる方法を選択しました。

で、最後に注文確定をしてクレジットカードの情報等を入力すれば申込完了です。
しばらくすると、メールで広告掲載について届いて掲載開始となります。

トータルの上限設定 「5000円」に設定
広告マネージャーのメニューにある支払管理から設定することが出来ます。

※最初に設定しておけばよかったんですが、少し遅れて上限設定をしたため予算の5000円を少し超えてしまいました・・・

その後は、Facebook上で何か投稿したわけでもなく、新しい記事をブログに2回ほど投稿したくらいなので、その更新情報がFacebookページに流れたくらいです。その状態でいいね数の経過を待ってみました。

いいね数の結果

広告掲載開始時点のいいね数
136-14.png
広告掲載終了時点のいいね数
136-15.png
いいね数の推移グラフはこんな感じになりました。
136-16.png
結果としては、「78」いいね 増えました。
比較対象がないのでコスト的にわかりませんが、いいねを増やす広告を出す場合の数値の参考のため載せておきます。

広告のレポートでは
ページのいいね!:49
リーチ:1,307
フリークエンシー:1.09
合計コスト:¥5,262 → (設定ミスで超えてしまいました・・・)
ページへのいいね!の平均コスト:¥107

純粋に広告経由でいいねをしたのは49ですが、おそらくいいねをしてくれた人から派生しての効果もあったのではないかと思います。今回はFacebookページのいいねを増やすという広告だったのでショップの広告、商品の広告の場合は、また違った感じになるかと思います。

ただ、ターゲットを細かく絞れるというところがfacebook広告のポイントになるのではないでしょうか。不特定多数に出す広告も良いかと思いますが、扱っている商材にあったピンポイントのターゲットに向けて広告を出せるので試してみる価値はあるかもしれません。




FacebookページやGoogle+ページにもブログ更新・気になる情報を流していますので
よろしければ、この機会にぜひ「フォロー」または「いいね」をよろしくお願いします。

ネットショップ出店をお考えの方はこちらをどうぞ

ネットショップ出店サービス一覧

ショップ運営に使えるjQuery動作デモ1ページにまとめてみた

ECサイト・ネットショップで使えるjQueryデモをまとめてみた

ショップにカルーセル表示を実装「おすすめ」

カルーセル表示実装ならjQuery「slick.js」が簡単でおすすめ

ネットショップ運営の効率化に使えるソフト・ASPサービス

ネットショップ受注・在庫・商品・発注管理

仕入先・商材をお探しの方はこちらをどうぞ

ネットショップ運営に使える仕入・卸サイト一覧

ネットショップへの集客に使える広告いろいろ

ネットショップへの集客に使える広告まとめ

ネットショップで使えるCSS・JavaScriptのデモを1ページにまとめてみた

ECサイト・ネットショップで使えるCSS・JavaScriptのデモをまとめてみた

ブログでの集客に記事作成代行サービスを活用

記事作成に使える記事外注サービスまとめ

お店(実店舗)の集客に活用できる店舗ポータル・Webサービスまとめてみた

お店(実店舗)の集客に活用できる登録サイト・webサービスまとめてみた

ショップ運営に役立つwebサービス・ツールについてまとめてみた

ECサイト・ネットショップで使えるwebサービス・ツールをまとめてみた

楽天市場の運営者向けの商品陳列HTMLタグ生成無料ツール作ってみました

楽天市場向け無料ツール

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

PAGE TOP ↑